こんにちは。まずは、たくさんの気持ちがこもったメッセージを、ありがとうございました!
話が進むにつれ、本誌の時間をこえてしまうので、ぶっちゃけとても書きづらいですが(笑)
だからといって、原作の時間にこだわって、ふたりの時間を止めるのか?否!そんなもので銅橋への愛を止められない!と書いています。

そんな自己満足に近い小説を、癒やしと言ってもらえて嬉しいです。銅橋はまっすぐなので、どこかがまっすぐな子がお似合いだと、勝手に思っています。
ヒロインも好きでいてくれて、本当に嬉しいです。
ふたりのまわりも、優しい人ばかりですよね。見た目や言動で怖がられることがある銅橋の、素敵なところに気づいた人たちがいるからだと思います。
銅橋は本当に本当に素敵でいい男だから、きっと漏れるものがあるんでしょうね!かっこいい!

ゆきのんさんの言葉はどれも優しくて、急かされているだなんて思いませんでしたよ!
更新はゆっくりですが、のんびり待ってもらえると嬉しいです。
素敵なコメントありがとうございました!

- XRIE -